フィリピン取り消し

フィリピンの取り消しを得ることにPROCEDURE

AM NO。 02-11-10-SC  

2003年3月4日

 

   

RE:VOIDの結婚と排出できる結婚の取り消しの絶対無効に関する宣言に規則案。

 

解決方法

 

この裁判所の検討と承認のために排出できる結婚の提案ボイド結婚の絶対無効の宣言に関する規則及び廃止を提出する裁判所規則の修正に関する委員会委員長の手紙に作用する、裁判所は同じを承認することを決議。

 

ルールは、遅くとも2003年3月7日より一般的な循環の新聞にその出版以下の2003年3月15日に効力を生ずる

 

2003年3月4日

 

ダヴィデ、CJ Bellosillo、プノ、Vitug、メンドーサ、パンガニバン、Quisumbing、サンドバル·グティエレス、カルピオ、オーストリア·マルティネス、カルピオモラレス、Callejo、シニアとAzcuna

Ynares-サンティアゴ、休暇

公式休暇コロナ、

   

   

 

VOIDの結婚の絶対無効の宣言と排出できる結婚の取り消しを裁定

 

セクション1.適用範囲-このルールは無効結婚とフィリピンの家族法の下で排出できる結婚の廃止の絶対的な無効の宣言に嘆願書を支配しなければならない。

裁判所の規則はsuppletorily適用しなければならない。

 

秒。 空洞の結婚の絶対的な無効の宣言2.請願。

 

(a)に提出することができる人。 -空洞結婚の絶対的な無効の宣言の申立ては、夫や妻が単独で提出することができる。 (n)は

 

(b)はどこのファイルに。 -請願書は、家庭裁判 ​​所に提出しなければならない。

 

(c)のアクションまたは防御のImprecriptibility。 -空洞結婚の絶対的な無効の宣言のためのアクションや防御が処方してはならない。

 

(d)の主張をすべきか。 -ファミリーコードの第36条の下で請願書は、特別にいずれかまたは両方の当事者が心理的にそのような無能力しかその後にマニフェストになっても結婚のお祝いの時に結婚の本質的な夫婦間の義務を遵守するから無能力た示した完全な事実を主張しなければならないお祝い。

 

もしあれば、結婚のお祝いの時に心理的な無能力の指標であるが、専門家の意見を主張する必要はないように完全な事実は、物理的な症状を主張する必要があります。

 

秒。   排出できる結婚の取り消し3.請願。 -  

 

(a)に提出することができる人。 -次の人はファミリーコードの第45条の下で、本明細書で示された期間内に根拠のいずれかに基づいて排出できる結婚の取り消しの申立てをすることができる。

 

(1)親、または保護者、または人二十から一歳に到達した後、しない限り二十から一歳に到達した後5年以内に、彼または彼女の同意を与えていない代替親権を行使契約当事者、そのような当事者自由に夫や妻など、他で同棲。 または親、保護者またはそのようなパーティーの前にいつでも締約国の法的電荷を有する人は二十から一歳に達しています。

(2)の他の狂気の知識がなかった正気の配偶者。 または相対、保護者、またはいずれかの当事者の死を前に、いつでも、非常識なの法的電荷を有する者によって; または明快なインターバル中の非常識な配偶者または正気を取り戻した後、申立人は、その理由に来た後、自由に夫や妻として他と同棲していないことを条件とする。

 

(3)その同意詐欺の発見後5年以内に、詐欺によって得た、提供言っパーティー、詐欺を構成する事実の完全な知識を持つ、自由に夫や妻など、他と同棲していない被害者。

 

(4)は、その同意フォース脅迫、または不当な影響が消滅したり中止した時から5年以内に、力、脅迫、または不当な影響によって得られた被害者、力、脅迫、または不当な影響が消滅または中止したことを条件とする、当事者が、その後自由に夫や妻として他と同棲していないと、

 

(5)他の配偶者は、他の、そのような無能で継続結婚をconsummatingの物理的に不可能であるとの結婚のお祝いの後5年以内に、不治であるように思われる被害者。

 

(6)相手が深刻であることが判明性的に伝染疾患に罹患していると表示された被害者は、結婚のお祝いの後5年以内に、不治の病であると。

 

(b)はどこのファイルに。 -請願書は、家庭裁判 ​​所に提出しなければならない。

秒。   4.会場。 -請願は、請願者や回答者が事前の出願日までに少なくとも6ヶ月間に常駐するか、彼がかもしれ非居住回答者の場合にされた地域や都市の家庭裁判 ​​所に提出しなければならない請願者の選挙で、フィリピンで見つかった。

 

秒。   5.内容と請願の形。 - (1)請願書は、アクションの原因を構成する完全な事実を主張しなければならない。

 

(2)それは、当事者の共通の子供の名前と年齢を明記し、その財産関係だけでなく、関連するプロパティを管理する体制を定めなければならない。

 

当事者間の書面による合意には十分な規定が存在しない場合、申立人は、配偶者のサポート、親権と共通の子供、面会権、コミュニティや夫婦財産の管理をサポートするための暫定的な順序を申請することができ、その他の事項も同様に緊急の必要アクション。

 

(3)それは、検証され、結婚のお祝いを添付しなければならない。 (b)はどこのファイルに。 -請願書は、家庭裁判 ​​所に提出しなければならない。

 

秒。   4.会場。 -請願は、請願者や回答者が事前の出願日に、またはどこに彼がかもしれない非居住回答者の場合には、少なくとも6ヶ月間に常駐されている地域や都市の家庭裁判 ​​所に提出しなければならない請願者の選挙でフィリピンに記載されてい。

 

秒。   5.内容と請願の形。 - (1)請願書は、アクションの原因を構成する完全な事実を主張しなければならない。

 

(2)それは当事者の共通の子供の名前と年齢を明記し、その財産関係だけでなく、関連するプロパティを管理する体制を定めなければならない。

 

当事者間の書面による合意には十分な規定が存在しない場合、申立人は、同様に緊急の行動を必要とする配偶者サポート、親権と共通の子供、面会権、コミュニティや夫婦財産の管理、およびその他の事項をサポートするための暫定的な順序のために適用される場合があります。

 

(3)それが検証され、フォーラム·ショッピングに対して証明を添付しなければならない。 検証·認証は、申立私が個人的に署名する必要があります。 いいえ請願書は、もっぱら弁護士によって、または弁護士·イン·事実を通して提起することができない。

 

請願者が外国にある場合は、フォーラム·ショッピングに対する検証·認証は、フィリピン大使館または公使館、総領事、領事又は当該国の副領事または領事剤を正式に認可役員によって認証されなければならない。

 

(4)それは6のコピーに提出しなければならない。 申立人は、その出願日から5日以内に、弁護士一般の事務所や市や州検察官の事務所に請願書のコピーを提供し、同期間内にそのようなサービスの裁判所の証拠に提出しなければならない。

 

上記要件のいずれかに従わない場合は、請願書の即時解雇理由かもしれません。

 

秒。   6.召喚。 -召喚のサービスは、裁判所の規則の規則14により、以下の規則に準拠するものとします。

 

(1)回答者は、彼の与えられたアドレスにあるか、彼の居場所は不明であり、召喚のサービスは、裁判所の許可により、2週連続でパブリケーション週に一度によって彼に行うことができる、勤勉な照会によって確認することができないことができない場合裁判所はまた命ずることができるようにフィリピンで、そのような場所で大循環の新聞は、召喚状のコピーは書留郵便で彼の最後の既知のアドレスに回答者に送達しなければならないか、他の裁判所が十分なものとみなすことができることを意味します。

 

(2)次のデータとの裁判所の命令に含まれるものとパブリッシュされる召喚:(a)のケースのタイトル。 (b)は、整理番号を、 (c)の請願の性質; (d)のために祈った元本請願の根拠とレリーフ。 と、(e)発行の最後の問題から30日以内に回答する回答者のためのディレクティブ。

 

秒。   却下する7.モーション。 -申立てを却下するん動きが主題の上やパーティーを管轄の欠如を理由に除いて許されてはならない。 ただし、事件の解雇を正当化する可能性のある他のグランドは答えで積極的抗弁として上昇させることができること。

 

秒。   8.回答。 - (1)回答者は、召喚状のサービスから、または30日以内に、出版物による召喚のサービスの場合における出版物の最後の問題から15日以内に、彼の答えを提出しなければならない。 答えは回答者自身がなく弁護士または弁護士·イン·事実によって検証されなければならない。

 

回答者が答えを提出しなかった場合(2)、裁判所は、デフォルトで彼または彼女を宣言してはならない。

 

(3)どこ無回答が提出されていないか、答えは問題が入札していない場合は、裁判所は、共謀は、当事者間に存在するかどうかを調査するために検察官を注文しなければならない。

 

秒。   検察官の請求調査報告。 - (1)上記第8項のパラグラフ(3)に記載された裁判所の命令の受領後1カ月以内に、検察官は、当事者が共謀しているかどうかを述べて裁判所に報告書を提出しなければならないし、パーティーやにそのコピーを提供する彼らのそれぞれの弁護人、もしあれば。

 

(2)検察官は、共謀が存在することを発見した場合、彼は裁判所が当事者が共謀していると確信して聞いてとIFのためのレポートを設定しなければならない報告書の写しの受領から10日以内に、共謀の発見に記載しなければならない、それは申立てを却下しなければならない。

 

検察官には共謀が存在しないというメッセージが表示された場合(3)、裁判所は、公判前のためのケースを設定しなければならない。 これは、審理前に国家のために表示されるように検察官の義務である。

 

秒。   10.ソーシャルワーカー。 -裁判所は、ケーススタディを実施し、少なくとも3日、公判前の前に、対応する報告書を提出するソーシャルワーカーが必要な場合があります。 裁判所はまた、必要なときはいつでもケースのいずれかの段階でケーススタディを必要とするかもしれない。

 

秒。   11.プリトライアル。 -  

 

(1)事前審理必須。 -審理前は必須です。 モーションやMOTU PROPRIO日、裁判所は、最後の嘆願を務め、提出された後、公判前に設定し、あるいは全く共謀は、当事者間に存在しない検察官の報告を受けてはならない。

 

審理前の(2)に注意してください。 - (a)の公判前の通知が含まれていなければならない。

 

(1)公判前の会議の日付。

 

(2)は、少なくとも3日間、審理前の日前に相手方によって、その領収書を確実にしなければならないような方法で、それぞれの公判前のブリーフを提出し、提供するために、当事者を演出順序を。

 

(b)の通知は、当事者およびそれぞれの弁護人にだけでなく、検察官に個別に送達しなければならない。 これは、審理前に個人的に表示されるように彼らの義務である。

 

(c)の審理前の通知は、彼が答えを提出しない場合でも、回答者に送付しなければならない。 彼の答えを提出しなかった出版物と回答者による召喚状の場合には、審理前の通知は、彼の最後の既知のアドレスに回答者に送付しなければならない。

 

秒。   公判前の短い12.内容。 -審理前簡潔には、以下が含まれていなければならない。

 

(a)は、所望の条件を示して、法律で許可される可能性がある契約を締結する当事者の意思の声明を。

 

(b)は、適用される法律や当局と一緒に、それぞれの主張の簡潔な声明。

 

(c)の事実を認め、事実の規定のほか、係争中の事実と法的問題を提案した。

 

専門家の意見を含む(d)のすべての証拠が提示される、もしあれば、簡単に自然とその目的を記載したか記述する。

 

(e)の数と証人とそれぞれの宣誓供述書の名前。

 

(f)は、裁判所のようなその他の事項が必要な場合があります。

 

公判前の書面を提出するか、その必要な内容に従わない場合は、後続の項の審理前に現れるように失敗するのと同じ効果を有するものとする。

 

秒。   審理前に現れるの失敗の13及ぼす影響。 -請願者が個人的に表示されない場合は、彼の弁護人または正当な権限のある者が裁判所に表示され、請願者の非外観のために有効な言い訳を証明しない限り、{A)、ケースが却下されなければならない。

 

回答者が彼の答えを提出したが表示されない場合には(b)に、裁判所は、公判前に進むと回答者の非外観を調査し、15日以内に述べて裁判所へのその後の報告書を提出する検察官を要求しなければならない彼の非外観かどうかは、当事者間の共謀によるものです。 何共謀がない場合は、裁判所は証拠の抑制や製造を防止するために、本 ​​案審理中の状態のために介入する検察官を要求しなければならない。

 

秒。 14.プリトライアル会議。 公判前の会議-at、裁判所:

 

(a)は法律で禁止されていない事項について合意に達した当事者を支援するものと仲介者に問題を参照することができる。

 

メディエータは、正当な理由のために、裁判所は1ヶ月を超えない期間に延長することができる、紹介から1ヶ月以内の報告をしなければならない。

 

(b)の場合、調停は至らされていないか、それが失敗した場合には、裁判所は、の迅速な処分を助けることができるように専門家証言とそのような他のメーカーの受信可否を考慮しなければならないその機会に公判前の会議、を続行しなければならない請願。

 

秒。   15.プリトライアルオーダー。 - {a)は審理前における手続は記録されなければならない。 審理前の終了時に、裁判所は、訴訟取らその上、訴答上で許可の改正、および宣言の地面にとして以外詳細に会議に取り事項を暗唱するものと公判前順序を発行しなければならない無効または取り消しのため、契約や入院が必要であるか、または当事者間で合意される可能性のある暫定順序を含むと考えられた事項のいずれかに当事者によって作ら。

 

(b)は、アクションが裁判に進むべき、順序は以下のリサイタルを含まなければならない。

 

(1)事実が入院し、必要のないものは、この規則の第16条の対象と証明することが、誰もが認める。

(2)事実に基づく法的な問題は、訴訟ことを特徴とする。

 

マークされたと発表されたオブジェクトとの文書を含め、(3)証拠;

 

(4)提示し、彼らの証言宣誓供述書の形態である証人の名称。

 

証拠の提示(5)スケジュール。

 

(c)の審理前順序も国家のために表示され、議事録及び本案審理中の証拠の製造または抑制のいずれかの段階で当事者間の共謀を防止するための措置をとること検察官に指令を含まなければならない。

(d)の関係者は、審理前の順序で記載された以外の問題や現在の証人と証拠を調達することは許されないものとします。

 

マニフェスト不正を防止するために、裁判所によって変更されない限り順序は、ケースの裁判を制御しなければならない。

 

(e)の当事者は、訂正や修正を提案する公判前オーダーを受けてから5日間を持たなければならない。

 

秒。   16.禁止妥協。 -裁判所は-ものとし、次のように禁止事項、上の妥協を許さない。

 

(a)は、人の市民の状況。

 

(b)は婚姻のまたは法的分離の妥当性。

 

(c)の法的分離のための任意の地面。

 

(d)の今後のサポート;

 

(e)の裁判所の管轄。

 

(f)は、今後の遺留分。

 

秒。   17.裁判。 - (1)裁判長は個人的にはケースの裁判を実施しなければならない。 コミッショナーに証拠の受信のいかなる代表団は、配偶者の財産関係に関わる事項として以外許されてはならない。

 

(2)結婚の絶対的な無効または取消の宣言の根拠が証明されなければならない。 いいえ訴答の判断、略式判決、または判断の告白は許されてはならない。

 

(3}裁判所は場合の直接的な関心を持っていないプレスのメンバーを含む、すべての人の法廷から除外を命ずることができる。このような順序は、裁判所が当事者を必要とすることを記録に判断した場合行うことができるプライバシーへの第三者の権利を侵害する;効果的恥ずかしさ、恐怖、または臆病に通信する当事者の心理的危害またはできないことに原因となる、真実の確認を高めないと公開の法廷で証言したり、良識に攻撃的になるまたは風紀。

 

(4)コピーは行ってはならないも、任意の検査やケースや部品の記録の閲覧は、その裁判所の命令による場合を除いて、当事者の当事者や弁護士以外の者によって行われる。

 

秒。   18.覚書。 -裁判所は、裁判が終了した日から15日以内に、彼らの特許請求の範囲のそれぞれの覚書のサポートを提出し、弁護士将軍の事務所と協議のパーティーや検察官を、必要な場合があります。 ケースは国家に重大な関心事である場合は、独自の覚書を提出する弁護士長官室が必要な場合があります。 他の訴答や論文は、裁判所の許可なしに提出することはできません。 本明細書で提供される期間の経過後に、ケースまたは覚書ずに、決定のために提出とみなされる。

 

秒。   19.決定。 -裁判所は申立てを認める決定をした場合は(1)、それは下に実施されるように絶対的な無効または廃止の判決の判決が唯一の家族法の第50条及び51に準拠した後、裁判所によって発行されなければならないことをその中に申告しなければならない清算、パーティションとプロパティの分布に関するルール。

 

(2)弁護士将軍と検察官を含む当事者は、個人的に意思決定のコピーまたは書留郵便により送達しなければならない。 出版物によって召喚回答者がアクションに表示されるように失敗した場合は、意思決定の決定的部分は、一般的な循環の新聞に一度公表されなければならない。

 

(3)の決定は、当事者への通知から15日を経過時に最終的になる。 再考または新しいトライアル、または上訴のための運動は、当事者のいずれか検察官、または弁護士将軍によって出願されていない場合は判断のエントリが行わなければならない。

 

当事者がない性質を持っていない場合は、(4)意思決定の終局時には、裁判所は、直ちに対応する法令を発行しなければならない。

 

当事者が性質を持っている場合、裁判所は、この規則の第21節に規定する手続を遵守しなければならない。

 

判断のエントリは、結婚が記録された市民レジストリに絶対無効または婚姻の取り消しを宣言の申立てを許可する家庭裁判 ​​所が置かれている民事レジストリに登録されなければならない。

秒。   20.アピール。 -  

 

(1)事前条件。 -控訴人は、判決の通知から15日以内に再検討したり、新しい裁判のために申立てを行っていない限り、意思決定からない魅力が許されてはならない。

 

アピールの(2)に注意してください。 -被害者や弁護士総長は再考または新しいトライアルの運動拒否の通知から15日以内に上訴通知を提出することにより、意思決定から上訴することができる。 控訴人は、有害当事者に上訴通知の写しを送達しなければならない。

 

秒。   21.清算、パーティション、流通、保管、共通の子供とその推定legitimesの配信をサポートする。 -判決のエントリは請願権を付与する控訴裁判所の判決のエントリを受け取ると、控訴の場合には、請願権を付与する、または時には、家庭裁判 ​​所は、いずれかの当事者の動きに、清算、パーティションを進めるものとし、親権、一般的な子供や記事50と家族規範の51の規定により、その推定legitimesの配信のサポートを含む配偶者の性質の分布、そのような事項は、前の司法手続に判決が下されていた場合を除きます。

 

秒。   絶対無効または婚姻の取り消し宣言の令の22.発行」(a)の裁判所は後に令を発行しなければならない。:

 

(1)婚姻が祝われた民事レジストリと家庭裁判 ​​所が置かれている場所の民事レジストリで無効または婚姻の取り消しを宣言の申立てを認める判決のエントリの登録を。

 

(2)承認されたパーティションと実際のプロパティが配置されているディーズの適切なレジスタ内の配偶者の性質、分布の登録。

 

(3)現金、財産、または音証券の子どもの推定legitimesの配達。

 

(b)は、裁判所は判決の決定的部分が入力された法令で引用し、法令にパーティションの承認された証書を添付しなければならない。

 

記事36と家族規範の53歳未満の子供の場合を除き、裁判所は、影響を受けた子どもたちの新たな市民のステータスを示す改正出生証明書を発行する登録所を命じなければならない。

 

秒。   23.登録と判決の公表。 最高の証拠として布告。 - (a)の勝訴当事者は、結婚が登録された市民レジストリに令の登録を引き起こすものとし、民事家庭裁判 ​​所が位置する場所のレジストリ、国勢調査や統計局で。 彼は、政令の写しの受領から30日以内に、この要件を持つ裁判所の遵守をtdと報告しなければならない。

 

召喚のサービスは出版によって作られた場合、(b)に、当事者は、一般的な循環の新聞に一度令の出版を引き起こすものとします。

 

(c)は、登録令は結婚の絶対的な無効または廃止の宣言を証明するための最良の証拠でなければならず、請願者と回答者の特性ならびにそれらの共通の子どもたちに届けプロパティまたは推定legitimesに関する第三者への通知を務めるものとする。

        

秒。   当事者の死亡の24及ぼす影響。 家庭裁判 ​​所または上訴裁判所の義務。 -当事者が判決のエントリの前に手続のいずれの段階で死ぬ場合、(a)は、裁判所は、通常の裁判所で適切な手続において不動産の決済に害することなく、ケースを閉じて終了させなければならない。

 

当事者が無効または廃止の判決登録後に死亡した場合(B)、判決は、通常の裁判所で不動産の和解への関心が当事者とその後継者を拘束するものとします。

 

秒。 25.有効性。 -この規則は、遅くとも2003年3月7日より一般的な循環の新聞にその出版以下の2003年3月15日に効力を生ずる。

 

 

 

 

 

シェア